2016年02月12日

ZZ Top/Tres Hombres (1973)

ZZトップ/トレス・オンブレス

1969年にビリー・ギボンズ(guitar, vocals)を中心としてテキサス州ヒューストンで結成されたアメリカ合衆国のスリーピース・ロックバンド、ZZトップ(ZZ Top)の3rdアルバム(全米アルバムチャート8位)。アルバムのタイトルはスペイン語で「3人の男たち」を意味する。B.B.キング(B.B. King)、マディ・ウォーターズ(Muddy Waters)、ジョン・リー・フッカー(John Lee Hooker)等の米国ブルースとクリーム(Cream)、ジェフ・ベック(Jeff Beck)等のブリティッシュ・ブルースの双方に影響を受けたヘヴィーなブルースロック/ブギロック。シングル曲「La Grange」収録。オリジナルとは音が違うデジタル・リミックス盤が、1980年代半ば以降20年以上も唯一の入手可能なCDだったが、2006年にオリジナルのミックスを使用したリマスター・エクスパンデッド版CD(ライヴ録音のボーナストラック3曲を収録)が発売された

Tres Hombres

2012年09月10日

Frank Zappa/Jazz from Hell (1986) *

フランク・ザッパ/ジャズ・フロム・ヘル

アメリカ合衆国の作曲家・シンガーソングライター・エレキギター奏者、フランク・ザッパ(Frank Zappa)の1986年のソロアルバム。1988年度のグラミー賞(最優秀ロック・インストゥルメンタル・パフォーマンス)を受賞したインストゥルメンタル・アルバム。シンクラヴィアDMS(デジタル・ミュージック・システム)を駆使して制作された、フュージョン/プログレ/現代音楽寄りの実験的なコンピュータ音楽。ライヴ演奏(1982年、フランス)でのザッパのギターソロを含むジャズロック風の「St. Etienne」を除く全曲(7曲)はすべてシンクラヴィアによる演奏。「While You Were Art II」は、アルバム「Shut Up 'n Play Yer Guitar」の収録曲「While You Were Out」のギターソロの即興演奏をシンクラヴィア演奏用に編曲したもの。電子音楽の愛好者におすすめのアルバム

Jazz from Hell

2005年07月30日

Zapp/Zapp II (1982)

テクノなビートの汎黒人音楽。ファンク、R&B、ドゥーワップ、ジャズ等。トーク・ボックスを使用したロボット声。全米R&Bチャート1位「Dance Floor」収録

Zapp II

Frank Zappa/Hot Rats (1969) **

フランク・ザッパ(g)の1960年代の傑作「ホット・ラッツ」。イアン・アンダーウッド(key, sax, cl)との共同制作。インスト主体で曲はブルース/ジャズ風

Hot Rats

Frank Zappa/Sheik Yerbouti (1979) *

ニューウェイヴなノリ。テリー・ボジオのバカテクなドラム。エイドリアン・ブリュー(g)も参加

Sheik Yerbouti

The Zombies/Odessey and Oracle (1967) *

メロディ、コーラス重視の英国ポップ。最後のアルバム。名曲「Time of the Season」収録

Odessey and Oracle