2005年11月19日

Kool & the Gang/The Very Best of Kool & the Gang (1973-1999)

1970年代はジャズをベースにしたファンク・ユニットだったが、1979年にポップ歌手のジェイムズ・"J.T."・テイラーをヴォーカリストに加えた後の1980年代にはポピュラーなR&Bグループとなった。「Celebration」(全米1位)、「Get Down on It」、「Ladies Night」、「Too Hot」、「Misled」、「Joanna」、「Fresh」他の主に1979年から1986年にかけてのポピュラーなヒット曲を中心に収録したベスト盤。「Funky Stuff」、「Hollywood Swinging」、「Jungle Boogie」のファンク曲3曲も収録

The Very Best of Kool & the Gang

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL