2005年07月28日

Wire/Chairs Missing (1978)

パンク、エレクトロ、アヴァンギャルド、アコースティック・ポップ…「ロックじゃなければなんでもいい」的な、ポスト・パンク期を象徴するような音。2nd

Chairs Missing
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL