2005年05月12日

Lenny Kravitz/Mama Said (1991)

1960/1970年代のクラシック・ロック、サイケデリア、ソウル、ファンク、レゲエ等をベースにしたレトロなスタイルで知られる米国のロックシンガー/ソングライター/ギタリスト、レニー・クラヴィッツの2ndアルバム。「Always on the Run」はファンキーなハードロック・ナンバー。「It Ain't Over 'Til It's Over」はカーティス・メイフィールドにインスパイアされたソウル・バラードの大ヒット曲。「All I Ever Wanted」はジョン・レノンの「Mother」のような雰囲気の曲。ガンズ・アンド・ローゼズのギタリストのスラッシュ、ジョン・レノンの息子のショーン・レノン参加

Mama Said
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


Lenny Kravitz「Mama Said」
Excerpt: ・1991年発表の1st。Madonnaに楽曲提供するなどして注目の集まる中発表された稀有の天才ソングライターの2作目。時にメロウに、時にファンキーに押し引きを心得た作品作りは、言うまでもなくソウルや..
Weblog: Rock Junkheadz
Tracked: 2007-08-17 22:24