2020年07月27日

Dead Boys/Young, Loud and Snotty (1977)

デッド・ボーイズ/ヤング・ラウド・アンド・スナッティ(デッド・ボーイズ登場!!-ヤング・ラウド・アンド・スナッティ-)

1976年にスティーヴ・ベイター(vocals)を中心としてオハイオ州クリーブランドで結成されたアメリカ合衆国のパンクロック・バンド、デッド・ボーイズ(Dead Boys)の1作目のスタジオ録音アルバム。ニューヨークのロッククラブ、CBGBで演奏していたバンドの一つとして知られているが、アートパンク寄りだったニューヨークのパンクバンドとは異なり、イギー・ポップ(Iggy Pop)の影響が色濃い純粋なパンクロック。パンク・アンセム「Sonic Reducer」収録。7曲目「Hey Little Girl」(カリフォルニアのグループ、シンジケート・オブ・サウンド(Syndicate of Sound)の「Little Girl」のカヴァー)はCBGBでのライヴ録音

Young, Loud and Snotty

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: