2020年02月13日

Jo Kondo/Surface, Depth, and Colour (Ensemble Nomad, 2012) *

近藤譲作品集『表面・奥行き・色彩』(ALM Records)。1947年東京生まれの日本の現代音楽の作曲家、近藤譲が2000年〜2009年に作曲した作品7曲、8楽器のための「杣径(そまみち)」(2008年)、バス・フルート、ヴィオラ、チェロ、ピアノのための「空の空」(2009年)、ヴァイオリンとピアノのための「冬青(そよご)」(2003年)、アコーディオンと弦楽四重奏のための「ヤーロウ」(2005年)、ギターのための「カラミンサ」(2000年)、オーボエと打楽器のための「ダーティングトン・エア」(2000年)、12楽器のための「表面・奥行き・色彩」(2008年)を収録。目的論的な方向性と遠近法的な空間性を欠いた、日本の伝統的な絵画のような、幽玄で独特の雰囲気がある作品群。演奏はアンサンブル・ノマド

Surface, Depth, and Colour

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: