2018年10月07日

Federico Mompou/Música Callada (Takahashi, 2007) *

1893年にカタルーニャ地方のバルセロナで生まれた、ピアノの小曲と歌曲で知られるスペインの作曲家・ピアニスト、フェデリコ・モンポウ(Federico Mompou)の「沈黙の音楽(ひそやかな音楽)」(fontec)。全4巻、全28曲からなるピアノ小曲集。1959年、1962年、1965年、1967年に出版。簡素でミニマルな様式の静謐で内省的で瞑想的なピアノ独奏。不協和音や無調、即興的な要素、カタルーニャ民謡の影響を受けた旋律を含んでいる。タイトルは16世紀のカルメル会修道士、サン・フアン・デ・ラ・クルス(十字架の聖ヨハネ)の詩「霊の賛歌」から採られている。高橋悠治によるスローテンポの明晰で沈鬱な演奏

Música Callada


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: