2018年08月17日

Arto Lindsay/Noon Chill (1997)

アート・リンゼイ/ヌーン・チル

元DNA、ザ・ラウンジ・リザーズ(The Lounge Lizards)、アンビシャス・ラヴァーズ(Ambitious Lovers)のメンバーとして知られるアメリカ合衆国のギタリスト・歌手・プロデューサー・作曲家、アート・リンゼイ(Arto Lindsay)の1997年のアルバム(For Life/Bar None/Rykodisc)。アート・リンゼイの1990年代のソロアルバムの秀作の一つ。ブラジリアン・ミュージック(サンバ、ボサノヴァ)とエレクトロニカ、アヴァンギャルド・サウンドを融合させた、アコースティックで内省的な音楽。洗練されていて聴きやすい。打ち込みとブラジリアン・パーカッションによる催眠的で心地よいリズムが印象的。「Anything」はドラムンベースとノンチューニングのノイズギターを含む曲

Noon Chill

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: