2018年06月14日

(Various Artists)/Musica Futurista: The Art of Noises (2004)

「未来派の音楽:騒音芸術」。1909-1935年のイタリア未来派運動の音楽と朗読を集めたコンピレーション(LTM)。74分、23トラック。マリネッティ、ルッソロ、バリッラ・プラテッラのオリジナル録音と、未来派の主要な音楽家・理論家たちの作品の現代の演奏を収録。ピアノその他の演奏はダニエレ・ロンバルディ(1978年録音)。マリネッティの自由詩「未来派の定義」「アドリアノープルの戦い」の朗読、プラテッラのピアノ曲、ルッソロの「都市の目覚め」とイントナルモーリ(調律された騒音楽器)のサンプル他。ルッソロの作品は騒音音楽(ノイズ・ミュージック)の先駆けとなり、ストラヴィンスキー、オネゲル、アンタイル、エドガー・ヴァレーズなどに影響を与えた

Musica Futurista: The Art of Noises

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: