2017年06月23日

Schubert/String Quintet (Alban Berg Quartett/Schiff, 1982)

後期古典派〜初期ロマン派のオーストリアの作曲家、フランツ・シューベルトの「弦楽五重奏曲」ハ長調D.956(EMI)。晩年に作曲された最後の室内楽曲。弦楽四重奏に第2チェロを加えた編成で、充実した低音部を持つ、弦楽オーケストラ風の長大(50分程度)かつ大規模な作品。哀切と叙情を湛えた流麗なメロディーをたっぷりと含んでいる。激情的な中間部を含む静謐かつ崇高な第2楽章は有名。演奏はアルバン・ベルク弦楽四重奏団とハインリヒ・シフ(チェロ)

String Quintet

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL