2017年03月16日

Machito/Kenya: Afro-Cuban Jazz (1957)

キューバ出身のコンガ奏者、ラテンジャズのバンドリーダーで、1940年代にアフロ・キューバンのリズムをジャズのインプロヴィゼーション、ビッグバンド・アレンジと融合させたアフロ・キューバン・ジャズの創始者の一人、マチートの1957年の録音(Roulette Records)。マチートのビッグバンドにキャノンボール・アダレイ(alto sax)、カーティス・フラー(trombone)、ジョー・ニューマン(trumpet)他を加えた編成。ラテン・パーカッション(コンガ、ボンゴ、ティンバレス)と鋭いブラスアタック、キャッチーなメロディーを含む、ポップ志向で聴きやすい音楽。ジャズよりも1950年代のアメリカのジャジーな劇伴音楽やエキゾティカの方に近い音

Kenya: Afro-Cuban Jazz

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/448032481