2017年03月09日

細野晴臣/フィルハーモニー (1982)

YMO在籍中の1982年に自身が設立したYENレーベル(アルファレコード)からリリースした6枚目のソロアルバム。E-MU社のイミュレーターI(サンプラー)やローランドのMC-4(シーケンサー)を使用してほぼ一人で制作し、自身のプライベートスタジオ「LDK」で録音。内省的なシンセポップ。ミニマル的な音の実験的なアルバムだが、細野自身がヴォーカルを担当したポップな楽曲3曲を含んでいる。歌詞は英語(一部日本語)。「フニクリ、フニクラ」はイタリアの大衆歌謡(カンツォーネ・ナポレターナ)のカヴァー。「ホタル」はガムラン風の曲。「L.D.K」はスライ&ザ・ファミリー・ストーン(Sly & The Family Stone)風のファンキーな曲。2005年にデジタル・リマスター盤CDが発売されている

フィルハーモニー

この記事へのコメント
これ、大好き!
中学生の時、よく聴いてた。
「スポーツマン」が特に好き!
Posted by ななし at 2017年03月10日 02:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL