2017年02月03日

Bennie Maupin/The Jewel in the Lotus (1974) *

マイルス・デイヴィスの「Bitches Brew」でのバスクラリネットの演奏やハービー・ハンコックとの共演で知られるアメリカ合衆国のマルチリード奏者、ベニー・モウピンの初リーダー作(ECM)。ベニー・モウピン(saxophones, flute, bass clarinet, voice, glockenspiel)とハービー・ハンコック(acoustic and electric pianos)を中心とするフュージョンだが、当時のハービー・ハンコックのジャズ・ファンクとは異なり、霊妙で独特な雰囲気の音のスピリチュアル・ジャズ。耽美性と瞑想的な心地良さを湛えた、ドリーミーで印象主義的な音風景。プロデュースはマンフレート・アイヒャー。2007年に初CD化

The Jewel in the Lotus

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/446634603