2016年10月07日

Battles/Mirrored (2007) *

バトルス/ミラード

2002年にニューヨークで元ドン・キャバレロ(Don Caballero)/ストーム・アンド・ストレス(Storm & Stress)のイアン・ウィリアムス(guitar, keyboards)、元リンクス(Lynx)のデイヴィッド・コノプカ(bass, guitar, effects)、元ヘルメット(Helmet)のジョン・ステイナー(drums)、アンソニー・ブラクストンの息子のタイヨンダイ・ブラクストン(guitar, keyboards, vocals)によって結成されたアメリカ合衆国のエクスペリメンタル・ロックバンド、バトルス(Battles)の1stフルアルバム(Warp)。1980年代後半以降のポスト・ハードコアやマスロック等のUSインディーロックを源流とするインストゥルメンタル・ロック。ジョン・ステイナーの強力なドラムその他の生楽器とエレクトロニクスによる、ループを多用したミニマルな音楽。変拍子やアフロビート、ポリリズムを含み、プリミティヴな肉体性と数学的で緻密な構築性を併せ持った実験的な音楽だが、万華鏡のようにカラフルで高揚感に満ちあふれた、ポップでユーモラスな音楽。シングル曲、「Atlas」(シャッフル・ビート(ブギー)の反復リズムを用いた有名曲)、「Tonto」収録

Mirrored

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL