2007年01月06日

Talk Talk/Natural History: The Very Best of Talk Talk (1982-1990)

トーク・トーク/ナチュラル・ヒストリー〜ザ・ベリー・ベスト・オブ・トーク・トーク

マーク・ホリス(vo、key)を中心としてロンドンで1981年に結成された英国のニューウェイヴ・バンド。初期はデイヴィッド・ボウイやロキシー・ミュージックに影響されたニューロマンティクス寄りの音で、哀愁を帯びたメロディーのモダンなシンセポップだったが、その後はジャズ、クラシカル、アンビエント等の要素を導入したアコースティックで実験的なスタイルへと変化。最初の4枚のアルバムからのシングル曲が中心のベスト盤。「Today」、「Talk Talk」、「My Foolish Friend」、「It's My Life」、「Such a Shame」、「Dum Dum Girl」、「Life's What You Make It」、「Living in Another World」収録。1980年代のニューウェイヴ/ポストパンクから1990年代のポストロックへの橋渡しの一例

Natural History: The Very Best of Talk Talk
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL