2012年07月29日

Salif Keita/Soro (1987)

サリフ・ケイタ/ソロ

1949生まれ、西アフリカのマリ出身のシンガーソングライター、サリフ・ケイタ(Salif Keita)のデビューアルバム。アフリカの伝統音楽にジャズ・ファンク・R&B・西欧のポピュラー音楽の要素を導入したモダンなアフロポップ。サリフ・ケイタのしなやかで力強いヴォーカルと、ジャンベ・コンガ・タマ(トーキングドラム)等のアフリカの打楽器、エレキギターやベース等のロック楽器、ホーンセクション、女声コーラス、シンセと打ち込みのドラムなどによる演奏。アフリカ的なリズムよりもサリフ・ケイタのソウルフルなヴォーカルとメロディックな歌が印象的な一枚。1984年にパリに拠点を移し、本作発表後に世界的な人気を獲得した

Soro

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL