2011年01月10日

Jacques Brel/I Am the Shadow of the Songs (2007/1953-1956)

ジャック・ブレル/アイ・アム・ザ・シャドウ・オブ・ザ・ソングス

レナード・コーエン(Leonard Cohen)やスコット・ウォーカー(Scott Walker)、デイヴィッド・ボウイ(David Bowie)など多くのアーティストに多大な影響を与えた、ベルギー生まれのシャンソン(フレンチ・ポップ)歌手/シンガーソングライター、ジャック・ブレル(Jacques Brel)の最初期の録音を集めたコンピレーション(全34曲)。発売元はイギリスのインディーズレーベル、チェリーレッド・レコード(él)。最初の18曲(1954-1956年録音)はオーケストラ付きのスタジオ録音。聴きどころは後半の16曲の、ヴォーカルと自身のアコースティック・ギターの伴奏のみの、内省的なフォークソング風の演奏で、これはジャック・ブレルがパリに移住する前のブリュッセル時代(1953年)にハッセルトのラジオ放送用に録音したレア音源

I Am the Shadow of the Songs

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL