2010年08月12日

Jorge Ben/África Brasil (1976)

ジョルジ・ベン/アフリカ・ブラジル

MPB(ムジカ・ポプラール・ブラジレイラ。ロックに影響を受けた、1960年代後半以降のポスト・ボサ・ノヴァ的なブラジルのポピュラー音楽)の中心人物の一人で、セルジオ・メンデス&ブラジル66のヒット曲「Mas Que Nada」(マシュ・ケ・ナーダ)の作者としても知られる、ブラジルのポピュラー音楽のミュージシャン/シンガーソングライター、ジョルジ・ベンの1976年のヒットアルバム。サンバ、ファンク、ロックを混合した、アフロ・ブラジリアン・ビートによる独特のスタイル。「サンバ・ロック」とも呼ばれる。中産階級向けの都会的でお上品なボサ・ノヴァとは対蹠的な、リオデジャネイロ発の大衆的で猥雑なストリート・ミュージック。有名曲「Taj Mahal」(タジ・マハール)収録。9曲目の「Camisa 10 da Gávea」(ガーヴェアの10番)は、当時CRフラメンゴに在籍していたサッカー選手のジーコに捧げた曲

África Brasil

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL