2019年12月04日

涼宮ハルヒの完奏〜コンプリートサウンドトラック〜 (2016)

TVアニメシリーズ『涼宮ハルヒの憂鬱』(2006年版・2009年版)の全サウンドトラックを収録したコンピレーション・アルバム(CD5枚組)。TVシリーズの劇伴音楽、主題歌、挿入歌とドラマCD、ラジオ番組の主題歌を網羅し、TVシリーズで使用されなかった楽曲も多数収録。Disc 1〜4は劇伴、Disc 5はヴォーカル曲を収録。楽曲のスタイルはオーケストラ・ポップ、エレクトロニカ、クラシカル、ロックなど様々。劇伴の大半は、元ナムコのサウンド・クリエイターでヴィデオゲームやアニメの劇伴で知られる作曲家・編曲家・音楽プロデューサーの神前暁が作曲・編曲したもの。聴きどころは、TVシリーズの2006年版と2009年版のオープニング/エンディング曲全4曲を含むキャッチーなヴォーカル曲12曲のフルヴァージョンを収録したDisc 5。TVシリーズ2006年版のエンディング曲「ハレ晴レユカイ」は、振付があるダンス曲として有名なヒット曲

涼宮ハルヒの完奏〜コンプリートサウンドトラック〜

2019年11月20日

Ali Farka Touré with Ry Cooder/Talking Timbuktu (1994)

アリー・ファルカ・トゥーレ・ウィズ・ライ・クーダー/トーキング・ティンブクトゥ

西アフリカの伝統音楽と北米のブルースに根ざした音楽で知られるマリの歌手・ギタリスト・ソングライター、アリー・ファルカ・トゥーレ(Ali Farka Touré)と、スライドギターの演奏とルーツミュージックの発掘で知られるアメリカ合衆国のミュージシャン・ソングライター、ライ・クーダー(Ry Cooder)の共同制作。西アフリカの伝統音楽とブルースを融合させた、トランス的で催眠的な心地好さがある音楽。アリーのヴォーカルと2人のギターが中心で、ンジャルカ(1絃フィドル)、バンジョー、ムビラ(ジンバブエの親指ピアノ)、マンドリン、マリンバ、アコーディオンを含む。1994年のグラミー賞最優秀ワールドミュージック・アルバム賞受賞作。プロデュースはライ・クーダー

Talking Timbuktu

2019年11月06日

BABYMETAL(ベビーメタル)/METAL GALAXY (2019)

芸能事務所アミューズ所属のメタルダンス・ユニット、BABYMETAL(ベビーメタル)の3作目のスタジオ録音アルバム(全米アルバムチャート13位)。2018年にYUIMETAL(scream, dance)が脱退し、SU-METAL(vocals, dance)とMOAMETAL(scream, dance)の2人組となってからの初のアルバム。Jポップ、ヘヴィーメタル、エレクトロニック・ダンス・ミュージックの融合をベースに、ユーロビート、インドやロシアの民謡、宇多田ヒカル風のアーバンR&&B、ラテン音楽、ヒップホップなどの要素も含んだキャッチーなポップ・アルバム。シングル曲、「Starlight」、「Elevator Girl」、「PA PA YA!! (feat. F.HERO)」、「Shanti Shanti Shanti」収録。ゲスト参加は、B'zのギタリストの松本孝弘、サバトン(Sabaton)のヴォーカリストのヨアキム・ブローデン、ポリフィア(Polyphia)のギタリストのティモシー・ヘンソンとスコット・ルペイジ、アーチ・エネミー(Arch Enemy)のヴォーカリストのアリッサ・ホワイト=グラズ、タイのラッパーのF.HERO。プロデュースはKOBAMETAL(アミューズのプロデューサー、小林啓)

METAL GALAXY

2019年10月23日

Beach House/Teen Dream (2010)

ビーチ・ハウス/ティーン・ドリーム

2004年にメリーランド州のボルチモアでヴィクトリア・ルグラン(vocals, keyboards, organs)とアレックス・スカリー(guitar, basses, organs, piano, harmony vocals)によって結成されたアメリカ合衆国のドリーム・ポップ・デュオ、ビーチ・ハウス(Beach House)の3作目のスタジオ録音アルバム。電子オルガン、ストリング・シンセ、ドラムマシンを使用したエレクトロニカ/ドリーム・ポップ/インディー・ポップの傑作。洗練された心地よい音とシンプルだが美しいメロディー。シングル曲、「Used to Be」(2008年のシングル曲の新ヴァージョン)、「Norway」、「Zebra」収録

Teen Dream

2019年10月08日

Aimee Mann/Whatever (1993)

エイミー・マン/ホワットエヴァー

1980年代にニューウェイヴ・ポップバンドのティル・チューズデイ('Til Tuesday)のヴォーカリスト兼ベーシストとして活動していたアメリカ合衆国のシンガーソングライター、エイミー・マン(Aimee Mann)の1stソロアルバム(全米アルバムチャート127位。全英アルバムチャート39位)。ザ・ビートルズ(The Beatles)、ザ・バーズ(The Byrds)の影響が強い、キャッチーなメロディーの内省的でメランコリックな楽曲が特徴の、フォーク・ロック、バロック・ポップ風のポップ・アルバム。アメリカのチャートでは小ヒットに終わったが、そのソングライティングの妙は評論家たちから高い評価を得た。シングル曲、「I Should've Known」、「Stupid Thing」、「Say Anything」収録

Whatever

2019年09月26日

Berio/Nones, Allelujah ll, Concerto for Two Pianos (Berio/Boulez/Ballista/Canino, 1974/1975) *

イタリアの現代音楽の作曲家、ルチアーノ・ベリオが自作の管弦楽曲を指揮した自作自演集(RCA)。「ノウンズ」(1954年)はW・H・オーデンの詩を題材にした、トータル・セリエリズムによる抒情的な小品(ベリオ指揮、ロンドン交響楽団演奏)。「アレルヤII」(1958年)はトータル・セリエリズムによる複雑で混沌とした曲で、分離して配置され2人の指揮者によって指揮される5つの楽器群が観客を取り囲む(指揮はベリオとピエール・ブーレーズ、BBC交響楽団演奏)。「2台のピアノのための協奏曲」(1973年)は12音技法、トータル・セリエリズム、偶然性の音楽、クラスターなどの技法を含む曲(ベリオ指揮、ロンドン交響楽団演奏。ピアノ演奏はアントニオ・バリスタとブルーノ・カニーノ)

Nones, Allelujah ll, Concerto for Two Pianos

2019年09月09日

Sun Ra/Singles: The Definitive 45s Collection 1952-1991 (2016/1952-1991) *

アメリカ合衆国の前衛ジャズ・ミュージシャン、サン・ラー(Sun Ra)が1952-1991年に7インチシングルとしてリリースした音源65曲を収録した編集盤。2016年にStrutからCD3枚組セットとして発売。スポークン・ワードやシカゴのヴォーカル・グループとの録音などの初期の作品から、自身のシンセ・電子キーボードの演奏をフィーチュアしたビッグバンド「アーケストラ」との実験的なビッグバンド・ジャズに至るサン・ラーの歴史を通覧できる、お宝的な貴重な音源集。スウィング、ドゥーワップ、リズム&ブルース、ハードバップからスペイシーな前衛ジャズまで、多岐にわたるスタイルを含む

Singles: The Definitive 45s Collection 1952-1991

2019年08月29日

Prefab Sprout/Jordan: The Comeback (1990) *

プリファブ・スプラウト/ヨルダン・ザ・カムバック

1970年代末にニューカッスルでパディ・マクアルーン(vocals, guitar, and songwriting)を中心に結成されたイギリスのポップバンド、プリファブ・スプラウト(Prefab Sprout)の5作目のスタジオ録音アルバム(全英アルバムチャート7位)。パディ・マクアルーンによる美しいメロディーのロマンティックなポップ・ソング多数と、生楽器とシンセを融合させた精妙で心地よいサウンドによる傑作ポップアルバム。シングル曲、「Looking for Atlantis」、「We Let the Stars Go」収録。プロデュースはトーマス・ドルビー

Jordan: The Comeback

2019年08月15日

Metallica/Metallica (1991) *

メタリカ/メタリカ

1981年にカリフォルニア州ロサンゼルスで結成されたアメリカ合衆国のヘヴィメタル・バンド、メタリカ(Metallica)の5作目のスタジオ録音アルバム(全米・全英アルバムチャート1位)。通称「The Black Album」。北米だけで1600万枚以上、世界で3000万枚以上売れたベストセラー・アルバム。グルーヴとヘヴィネスの重視、簡素で無駄のないサウンド・プロダクション、メロディックな楽曲が特徴のヘヴィメタル。シングル曲、「Enter Sandman」、「The Unforgiven」、「Nothing Else Matters」、「Wherever I May Roam」、「Sad but True」収録

Metallica

2019年06月27日

The Black Crowes/Shake Your Money Maker (1990)

ザ・ブラック・クロウズ/シェイク・ユア・マネー・メイカー

ジョージア州マリエッタ出身で1989年にクリス(lead vocals)とリッチ(guitar)のロビンソン兄弟を中心に結成されたアメリカ合衆国のロックバンド、ザ・ブラック・クロウズ(The Black Crowes)のデビュー・アルバム(全米アルバムチャート4位)。ザ・ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)、フェイセズ(Faces)などのブルースロック、ハードロック、サザン・ロックの影響が色濃いシンプルでストレートなロック。シングル曲、「Jealous Again」、「Hard to Handle」、「Twice As Hard」、「She Talks to Angels」、「Seeing Things」収録

Shake Your Money Maker