2019年09月09日

Sun Ra/Singles: The Definitive 45s Collection 1952-1991 (2016/1952-1991) *

アメリカ合衆国の前衛ジャズ・ミュージシャン、サン・ラー(Sun Ra)が1952-1991年に7インチシングルとしてリリースした音源65曲を収録した編集盤。2016年にStrutからCD3枚組セットとして発売。スポークン・ワードやシカゴのヴォーカル・グループとの録音などの初期の作品から、自身のシンセ・電子キーボードの演奏をフィーチュアしたビッグバンド「アーケストラ」との実験的なビッグバンド・ジャズに至るサン・ラーの歴史を通覧できる、お宝的な貴重な音源集。スウィング、ドゥーワップ、リズム&ブルース、ハードバップからスペイシーな前衛ジャズまで、多岐にわたるスタイルを含む

Singles: The Definitive 45s Collection 1952-1991

2019年08月29日

Prefab Sprout/Jordan: The Comeback (1990) *

プリファブ・スプラウト/ヨルダン・ザ・カムバック

1970年代末にニューカッスルでパディ・マクアルーン(vocals, guitar, and songwriting)を中心に結成されたイギリスのポップバンド、プリファブ・スプラウト(Prefab Sprout)の5作目のスタジオ録音アルバム(全英アルバムチャート7位)。パディ・マクアルーンによる美しいメロディーのロマンティックなポップ・ソング多数と、生楽器とシンセを融合させた精妙で心地よいサウンドによる傑作ポップアルバム。シングル曲、「Looking for Atlantis」、「We Let the Stars Go」収録。プロデュースはトーマス・ドルビー

Jordan: The Comeback

2019年08月15日

Metallica/Metallica (1991) *

メタリカ/メタリカ

1981年にカリフォルニア州ロサンゼルスで結成されたアメリカ合衆国のヘヴィメタル・バンド、メタリカ(Metallica)の5作目のスタジオ録音アルバム(全米・全英アルバムチャート1位)。通称「The Black Album」。北米だけで1600万枚以上、世界で3000万枚以上売れたベストセラー・アルバム。グルーヴとヘヴィネスの重視、簡素で無駄のないサウンド・プロダクション、メロディックな楽曲が特徴のヘヴィメタル。シングル曲、「Enter Sandman」、「The Unforgiven」、「Nothing Else Matters」、「Wherever I May Roam」、「Sad but True」収録

Metallica

2019年06月27日

The Black Crowes/Shake Your Money Maker (1990)

ザ・ブラック・クロウズ/シェイク・ユア・マネー・メイカー

ジョージア州マリエッタ出身で1989年にクリス(lead vocals)とリッチ(guitar)のロビンソン兄弟を中心に結成されたアメリカ合衆国のロックバンド、ザ・ブラック・クロウズ(The Black Crowes)のデビュー・アルバム(全米アルバムチャート4位)。ザ・ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)、フェイセズ(Faces)などのブルースロック、ハードロック、サザン・ロックの影響が色濃いシンプルでストレートなロック。シングル曲、「Jealous Again」、「Hard to Handle」、「Twice As Hard」、「She Talks to Angels」、「Seeing Things」収録

Shake Your Money Maker

2019年06月17日

Ornette Coleman/Change of the Century (1959) *

アメリカ合衆国のジャズ・サックス奏者、オーネット・コールマン(Ornette Coleman)の4作目のスタジオ録音アルバム(Atlantic Records)。フリージャズの古典的名作とされる前作「The Shape of Jazz to Come」と比べても遜色がない傑作。伝統的なビバップ・ジャズ、ニューオーリンズR&B、ブルースの要素を含む、伸びやかで軽快なスウィングのアヴァンギャルド・ジャズ。レギュラー・クァルテットによるリラックスした雰囲気の演奏

Change of the Century

2019年06月11日

Living Colour/Vivid (1988)

リヴィング・カラー/ヴィヴィッド

1984年にニューヨーク市でヴァーノン・リード(guitar)を中心に結成されたアメリカ合衆国のロックバンド、リヴィング・カラー(Living Colour)の1作目のスタジオ録音アルバム(全米アルバムチャート6位)。レッド・ゼペリン(Led Zeppelin)のようなハード・ロック、ヘヴィメタル、ファンク、ジャズ、ヒップホップ、パンク、オルタナティヴ・ロックなどの様々なスタイルを融合させた、オルタナティヴ・メタル/ファンク・メタルのヒット作。シングル曲、「Cult of Personality」(全米13位。1990年のグラミー賞の最優秀ハード・ロック・パフォーマンス賞受賞曲)、「Middle Man」、「Glamour Boys」、「Open Letter (To a Landlord)」、「Funny Vibe」収録。「Memories Can’t Wait」はトーキング・ヘッズ(Talking Heads)のカヴァー

Vivid

2019年06月03日

Bad Brains/I Against I (1986)

バッド・ブレインズ/アイ・アゲインスト・アイ

1970年代後半にワシントンD.C.で結成されたアメリカ合衆国のロックバンド、バッド・ブレインズ(Bad Brains)の3作目のスタジオ録音アルバム。初期の頃はハードコア・パンクの草分けバンドの一つと目され、またレゲエやラスタファリ運動に強く影響された音楽で知られていたが、本作はハードコア・パンクとファンク、ソウル、ヘヴィメタルを融合させた、メロディックな楽曲も含むオルタナティヴ・ロック、オルタナティヴ・メタルの傑作

I Against I

2019年05月28日

Funkadelic/Maggot Brain (1971)

ファンカデリック/マゴット・ブレイン

ジョージ・クリントンのファンク・バンド、パーラメント(Peter Frampton)の別名バンドとして1960年代末に結成されたアメリカ合衆国のファンク・ロックバンド、ファンカデリック(Funkadelic)の3作目のスタジオ録音アルバム。ジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)の影響を強く受けたエディ・ヘイゼルのエフェクト・ギターを中心とする、サイケデリック・ロック寄りのファンク・ロック。1978年の「One Nation Under a Groove」が最高傑作と目されるが本作もかなり良い

Maggot Brain

2019年05月21日

Peter Frampton/Frampton Comes Alive! (1976)

ピーター・フランプトン/フランプトン・カムズ・アライヴ!

イングランド出身で元ザ・ハード(The Herd)、ハンブル・パイ(Humble Pie)のメンバーだったロックミュージシャン、シンガーソングライター、ギタリストのピーター・フランプトン(Peter Frampton)のライヴアルバム(全米アルバムチャート1位。全英6位)。1975年の全米ツアーにて収録。全米で800万枚以上売れたベストセラー・アルバム。ピーター・フランプトンのトーク・ボックスを使用した心地良いギターとポップでキャッチーな楽曲が聴きどころ。ヒットシングル、「Baby, I Love Your Way」(全米12位)、「Show Me the Way」(全米6位。全英10位)、「Do You Feel Like We Do」(全米10位)収録。「Jumpin' Jack Flash」はザ・ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)のカヴァー

Frampton Comes Alive!

2019年05月15日

Sun Ra/Space Is the Place (1972) *

アメリカ合衆国の前衛ジャズ・ミュージシャン、サン・ラー(Sun Ra)による1972年の録音(Blue Thumb Records)。サン・ラーのピアノ、スペース・オルガン(電子オルガン)、ミニモーグ・シンセ、アフリカン・パーカッション、「スペース・エスニック・ヴォイス」を含むビッグバンドによる前衛ジャズ。集団即興演奏などのフリージャズとスウィング、バップなどの伝統的なジャズの両方の要素を含み、他のアルバムと比べて比較的聴きやすいので、サン・ラーの膨大な録音への入門編として推奨されることがある

Space Is the Place