2019年05月21日

Peter Frampton/Frampton Comes Alive! (1976)

ピーター・フランプトン/フランプトン・カムズ・アライヴ!

イングランド出身で元ザ・ハード(The Herd)、ハンブル・パイ(Humble Pie)のメンバーだったロックミュージシャン、シンガーソングライター、ギタリストのピーター・フランプトン(Peter Frampton)のライヴアルバム(全米アルバムチャート1位。全英6位)。1975年の全米ツアーにて収録。全米で800万枚以上売れたベストセラー・アルバム。ピーター・フランプトンのトーク・ボックスを使用した心地良いギターとポップでキャッチーな楽曲が聴きどころ。ヒットシングル、「Baby, I Love Your Way」(全米12位)、「Show Me the Way」(全米6位。全英10位)、「Do You Feel Like We Do」(全米10位)収録。「Jumpin' Jack Flash」はザ・ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)のカヴァー

Frampton Comes Alive!

2019年05月15日

Sun Ra/Space Is the Place (1972) *

アメリカ合衆国の前衛ジャズ・ミュージシャン、サン・ラー(Sun Ra)による1972年の録音(Blue Thumb Records)。サン・ラーのピアノ、スペース・オルガン(電子オルガン)、ミニモーグ・シンセ、アフリカン・パーカッション、「スペース・エスニック・ヴォイス」を含むビッグバンドによる前衛ジャズ。集団即興演奏などのフリージャズとスウィング、バップなどの伝統的なジャズの両方の要素を含み、他のアルバムと比べて比較的聴きやすいので、サン・ラーの膨大な録音への入門編として推奨されることがある

Space Is the Place

2019年05月09日

The Kinks/Come Dancing with the Kinks: The Best of the Kinks 1977-1986 (1977-1986)

ザ・キンクス/カム・ダンシング・ウィズ・ザ・キンクス〜ザ・ベスト・オブ・ザ・キンクス 1977-1986

1964年にロンドン北部のマスウェル・ヒルでレイとデイヴのデイヴィス兄弟によって結成されたイギリスのロックバンド、ザ・キンクス(The Kinks)の1970年代後半〜1980年代前半のアリスタ・レコード在籍時のリヴァイヴァル期の主要曲を収録した編集盤(18曲)。ハードロック、アリーナ・ロックの要素を含むポップなブリティッシュ・ロック。シングル曲、「Sleepwalker」、「Father Christmas」、「A Rock 'n' Roll Fantasy」、「(Wish I Could Fly Like) Superman」(disco edit)、「A Gallon of Gas」、「Lola」(live)、「Better Things」、「Destroyer」、「Come Dancing」(全英12位。全米6位)、「Don't Forget to Dance」、「Do It Again」、「Living On a Thin Line」収録。「You Really Got Me」のライヴ版も収録。2005年にSACDハイブリッドのリマスター版が発売されている

Come Dancing with the Kinks: The Best of the Kinks 1977-1986

2019年05月02日

セイゲン オノ/コム デ ギャルソン (1987)

「コム・デ・ギャルソン」(Comme des Garçons)は川久保玲が1969年に設立した日本のファッション・ブランド。本アルバム(2CD)は日本のレコーディング・エンジニア、オノ・セイゲン(小野誠彦)がコムデギャルソンのファッションショー用に制作したオリジナルの音楽を収録したもの。DISC 1は1988年春夏のコムデギャルソンとオム・プリュスのショーで使用された音楽を収録。DISC 2は1989年秋冬のコムデギャルソンのショーで使用された音楽を収録。デジタル・レコーディングの黎明期に制作された、ジャズ、ロック、ファンク、ラテン、アヴァンギャルド、エレクトロニカ、アンビエントその他の要素を含む、洗練された美しい音のBGM集。参加ミュージシャンはアンビシャス・ラバーズ(Ambitious Lovers)のアート・リンゼイ(Arto Lindsay)とピーター・シェラー(Peter Scherer)、ビル・フリゼール(Bill Frisell)、ジョン・ゾーン(John Zorn)、ザ・ラウンジ・リザーズ(The Lounge Lizards)のジョン・ルーリー(John Lurie)他。2019年にSACD(CD層とSuper Audio CD層の二層構造)とLPレコードでリマスター版が発売されている

COMME des GARÇONS

2019年04月23日

Red Hot Chili Peppers/Californication (1999)

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ/カリフォルニケイション

1983年にカリフォルニア州ロサンゼルスで結成されたアメリカ合衆国のロックバンド、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ(Red Hot Chili Peppers)の7作目のアルバム(全米アルバムチャート3位)。ギタリストのジョン・フルシアンテ復帰後のアルバム。ハードロック、ファンク、ヒップホップを融合させた本来のスタイルの曲に加えて、ミドルテンポで歌重視のメロディックな楽曲を多数収録。全世界で1500万枚売れた大ヒット作。ヒットシングル、「Scar Tissue」(全英9位。グラミー賞受賞)、「Otherside」、「Californication」収録。プロデュースはリック・ルービン

Californication

2019年04月17日

Sibelius/Symphonies Nos.1 & 6 (Berglund, 1986)

後期ロマン派〜近代のフィンランドの作曲家・ヴァイオリニスト、ジャン・シベリウスの交響曲第1番・第6番(EMI)。「交響曲第1番」ホ短調作品39は後期ロマン派の傾向を帯びた、交響詩風の民族的で幻想的な曲。「交響曲第6番」ニ短調作品104はルネサンス期の宗教音楽の影響を感じさせる、教会旋法(ドリア旋法)と対位法を用いた内省的な曲。フィンランドの指揮者、パーヴォ・ベルグルンド指揮、ヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団演奏。ベルグルンドの2度目のシベリウスの交響曲全集の録音

Symphonies Nos.1 & 6

2019年04月10日

CANIS LUPUS(キャニス・ルーパス)/I (1988) *

YBO2の北村昌士(vocals, bass)が町田町蔵の人民オリンピックショー〜イルボーンで活動していた箕輪政博(drums)、同じく人民オリンピックショーで活動していた川上慧二郎(guitar)とともに結成した3人組のロックバンド、CANIS LUPUS(キャニス・ルーパス)の1作目のアルバム。インディーズレーベルのトランスレコードから発売。キング・クリムゾン(King Crimson)の影響が強い、ウネウネと曲がりくねるリフを多用したメロディックでアンサンブル重視のプログレ。トラディショナル・フォークや民族音楽の要素も含む。2018年にリマスターされ初CD化

I

2019年04月04日

Muse/Black Holes and Revelations (2006)

ミューズ/ブラック・ホールズ・アンド・レヴァレイションズ

1994年にデヴォン州ティンマスで結成されたイギリスのロックバンド、ミューズ(Muse)の4作目のアルバム(全英アルバムチャート1位)。プログレ、ハード・ロック、グラムロック、エレクトロニカの要素を混合したオルタナティヴ・ロック。キャッチーで抒情的な歌メロ、エモーショナルなヴォーカル、エフェクトをかけたベース、多重録音の轟音ギター、シンセを含むシンフォニックで重厚なサウンドが特徴。シングル曲、「Supermassive Black Hole」(全英4位)、「Starlight」、「Knights of Cydonia」、「Invincible」、「Map of the Problematique」収録

Black Holes and Revelations

2019年03月27日

Sarah Vaughan/At Mister Kelly's (1957)

広い声域の美声で知られる、1924年ニュージャージー州ニューアーク生まれのアメリカ合衆国のジャズ・ヴォーカリスト、サラ・ヴォーンのライヴ・アルバム(EmArcy)。1957年8月6〜8日、シカゴのジャズクラブ、ミスター・ケリーズでの録音。マーキュリー・レコーズ在籍時代の傑作の一つ。レギュラーのピアノ・トリオとともにリラックスした雰囲気でスタンダード曲を演奏しており、うっとりと陶酔させるような全盛期のサラの歌唱が堪能できる。CDは追加曲11曲を含む全20曲を収録

At Mister Kelly's


2019年03月22日

Red Hot Chili Peppers/Blood Sugar Sex Magik (1991)

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ/ブラッド・シュガー・セックス・マジック

1983年にカリフォルニア州ロサンゼルスで結成されたアメリカ合衆国のロックバンド、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ(Red Hot Chili Peppers)の5作目のアルバム(全米アルバムチャート3位)。ハードロック、ファンク、ヒップホップを融合させたファンク・ロックの傑作。全世界で1200万枚売れた大ヒット作。へヴィーメタル/パンク寄りだった前作「Mother's Milk」(1989年)よりもメロディックでアンサンブル重視の音。フリーのベースとジョン・フルシアンテのギターがファンキーでかっこいい。シングル曲、「Give It Away」(全英9位)、「Under the Bridge」(全米2位)、「Breaking the Girl」、「Suck My Kiss」収録。プロデュースはリック・ルービン

Blood Sugar Sex Magik